すこしおなかすいてきた

¥ 1,430

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
  • 海外一律 0円
すこしおなかすいてきた

作:林木林
絵:東久世
出版:小さい書房

判型:18×13cm/ハードカバー
頁数:32ページ


*ストーリー
しごとでしくじってしまった「わたし」
いつもの景色が全く違って思える
なにもかもが嫌な方向に転がってしまう気持ち。
どうしたらよいのかわからない「わたし」


*編集者コメント
林木林さんから送られてきた本書の原稿に、
「コロッケのあがる音さえ、小鳥のさえずりに聞こえた」
という1行がありました。
それを見たわたしは「???」。
でも改めてコロッケの揚がる音を目をつぶって聞いてみると…
ここから先はどうぞみなさんお試し下さい!
同じ景色をみても、自分の気持ちしだいで全く違って見えることがあります。
うまくいっている時は明るく見えた世界が、
一転してどんより曇ってしまうことも。
誰の日常にもある「明」と「暗」。
わたしたちはそんな毎日と折り合いをつけながら生きていく。
だからときには自分にエールを--!
これは小さな「エール本」です。
(編集担当)


*レコメンド コメント
毎日、毎日、生きていれば
嫌なことなんかたくさんたくさんある
一日、一日、生きているから
嬉しいことなんていっぱいいっぱいある
あんまり深く考えないで
なんか食べてから考えてもいいんじゃない?


*出版社
小さい書房(ひとり出版社)
「ひとりで読んでも こどもと読んでも」
小さい書房のコンセプトは大人へ向けた絵本の出版。


*著者紹介

・作/林 木林 (はやし きりん)
詩人、絵本作家、作詞家。言葉遊びの分野でも活躍。
詩集に『植星鉢』(土曜美術社)、絵本に『おおきなけやき』(絵・広野多珂子/鈴木出版)、『はやくちまちしょうてんがい はやくちはやあるきたいかい』(絵・内田かずひろ/偕成社)、『ふたごのたこたこウィンナー』(絵・西村敏雄/ひさかたチャイルド)ほか多数。

・絵/東久世(あずまひさよ)
服飾学校を卒業後、テキスタイル図案作成の仕事をしながら 絵を描き始める。動物や、動物を擬人化した世界を中心に 装画などを手がける。猫が好き。

ショップの評価

  • アフリカ布で作った銅繊維シート入りマスク/風車

    アフリカ布で作った銅繊維シート入りマスク/風車

    Mサイズ/布の繊維

    とっても可愛いです!! ありがとうございました。 サイズもぴったりで、色違いでもう1つ欲しくなりました!

    コメントありがとうございます。アフリカ布(Wax)は洗ってもハリ感が長持ちするので、何度洗っても新しい使用感のままです。新しい柄も随時アップしてゆくので、ご期待ください。 補足)ハンドソープなど泡立ちのよい洗剤を使用いただき、軽く絞ったあと渇いたタオルや、キッチンペーパーで水分を吸収したあと、パンパンと生地をのばすように半分に折って干すとよいです。

通報する

© Copyright © 2020 Space Utility TOKYO All Rights Reserved.